シェフが集まる店はそれだけで美味しい店

飲み歩き中に見つけたシェフの通う店に行ってみた

何がなんでも日本酒を美味しく飲みたいという飲み歩きプランに欠かせないのは、やはり日本人であれば海鮮と言えるのではないでしょうか。魚は栄養満点な上に、これ以上ないくらいお酒に合う食材と言えるでしょう。しかし、刺身やお寿司といった料理だと気軽感が薄れてしまうと感じる若い人も多いでしょう。今回は、気軽に海鮮を楽しめるお店を紹介したいと思います。原宿の「熊だ」というお店は、サーモン丼の専門店で、サーモンやいくらが溢れそうなほど盛られた様々な海鮮丼メニューがいただけるお店です。鮮度も抜群で、程よい脂こその旨味と甘みがたまらないサーモンは必食の価値ありと言えるでしょう。一風変わっているのが「黄金いくら丼」というメニューで、本来であれば赤いはずのいくらが、黄金色に輝く丼です。

あっさりした味で、食感がコリコリと楽しいこちらの丼はとても希少な食材なため予約してから出かけることをお勧めします。まさかの海鮮での食べ放題が楽しめるのは、馬喰町にある「たいこ茶屋」というお店。ランチ限定なので、しっかり予定を組んで訪れると良いでしょう。こんもりと盛られたマグロを前にテンションは鰻登り間違いなし。大好きな海鮮を好きなだけという夢のような贅沢が叶ってしまいます。お刺身も用意されており、ご飯の上に好きに盛り付ければお好みの海鮮丼も楽しめてしまいます。魚の種類は大将がその日に仕入れてくるため、日替わりで旬のものが数種類並べられています。ちょっと頑張りたい時には、神泉の「産直屋 たか」がおすすめ。こちらのお店では魚介類中心のコース仕立て「お任せ料理」がいただけるお店で、料理人さんが自信を持ってオススメしてくれる新鮮な魚介料理を堪能できると言えるでしょう。完全予約制という人気店のため、訪れたい時は注意しておくと良いでしょう。名物は「はまぐりの貝殻焼き」で、コンロとバーナーを使って目の前で焼いてくれる楽しみのほか、はまぐりの旨みと甘みを堪能できる一品と言えるでしょう。日本酒が止まらない危ないお店とも言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です