シェフが集まる店はそれだけで美味しい店

飲み歩き中に見つけたシェフの通う店に行ってみた

イタリアンレストランでの出来事「チェイサー」

イタリアンレストランでの出来事「チェイサー」

こ洒落たイタリアンレストランなどで、大人の雰囲気ムンムンなカップルがワインをオーダーしながら、テーブル席でイチャイチャしている姿を眺めていることは気持ちの良いものではありませんが、先日、こんな出来事がありました。カップルのうちの女性の方が、お酒にさほど強くないようで男性にお水が欲しいと頼んでいたのです。男性は慣れた手つきでウェイターを呼び寄せ、「彼女にチェイサーを」と一言告げました。彼女は彼の手慣れた行動を目にして、うっとりしてた目つきでほほ笑んでおりましたが、皆さんもお気づきのように、ワインを飲んでいる最中にお水が欲しくなった時は「お水をください」とウェイターに声掛けすれば十分なのです。一見、飲食店や酒場などで「チェイサー」というフレーズを使うことは、高級レストランなどに行き慣れた紳士であるかのようにもようにも見えますが、「チェイサー」はワインを楽しむ時には使わない絶対にフレーズです。「チェイサー」とは、ウィスキーやウォッカなどの強いお酒をロックで飲まれる方が、お水やスパークリングウォーターを必要とする際にサービスマンに対して使うフレーズです。目の前のカップルの男性は、イケメンでオシャレで粋なスーツを着こなすステキな男性でしたが、「チェイサー」の使い方を間違ってしまったことがとても残念でありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です