シェフが集まる店はそれだけで美味しい店

飲み歩き中に見つけたシェフの通う店に行ってみた

フレンチと和食

フレンチと和食

飲み歩きをしてきた中で、とても興味深い街という印象があるのが「三田」です。三田でここは!と感じた店は、フレンチと和食のお店がダントツでした。中でも、日本のフレンチを引っ張ってきたと言える名店があるのでご紹介させていただきます。

フレンチ関係の方はすぐにピーンと来た方もいるかと思いますが、日本フレンチの金字塔と言えば「コート・ドール」でしょう。なんといっても、料理に対するシェフの姿勢や食材への思い入れとリスペクトが感じられる一皿からは、哲学的なシェフの人生が詰まっていることが感じられる。開店当初から変わらないメニューも多く、中でも「国産牛のしっぽの煮込み・赤ワインソース」「赤ピーマンのムース」の2品は是非味わっていただきたい一皿と言える。

このお店に通うシェフの多さが何よりもお店の質の高さを物語っており、フレンチだけでなく、さまざまなジャンルのシェフの学びの場としても知られている。

日本料理らしく「だし」の旨味を存分にたのしめるのが「日本料理 晴山」というお店。「だし」の旨さの引き出し方や使い方は、日本料理の基本であり、神髄ともいえるのではないでしょうか。このお店ではその「だし」へのこだわりをしっかりと感じられる料理に出会えます。

旨味と香りのバランスを最高の状態で提供することをモットーとしているため、削り節は厚さまで計算され、ブレンドにもこだわりが光っています。昆布も季節の変化によって気温や湿度を見ながら漬け置きの時間や火の入れ方を変えていると教えてもらいました。

メニューの中で飛びぬけてだしを感じられるであろう「聖護院大根と甘鯛のお椀」は、自然農法の野菜を丁寧に扱い、器にもこだわりぬいた一品のようです。

お皿は、お店を開く前の修業時代からコツコツと集めてきたものが多く使用されており、ここも料理長の人生を感じられるお店といえるでしょう。

今回ご紹介した2店舗は、なかなか気軽に訪れるという雰囲気ではないかもしれませんが、ちょっと特別な日などに料理を楽しむにはもってこいのお店と言えるでしょう。

「シェフが集まる店はそれだけで美味しい店」トップへ戻る